電話メニュー

院長のひとりごと

sspについて

当院では、30年ほど前に大阪医科大学の麻酔科の兵頭先生が開発した、刺さない鍼治療として、sspという器械を使っています。患者さんの多くはどこかの体の痛みを訴える方が多いですが、湿布では一次的で気持ちが良い程度。がんこな痛みで検査してもはっきりした原因がない方にお勧めしたい治療法です。おそらく、整形外科や鍼灸院でも今はやっていないのではないかと思います。


ページの先頭へ移動