高濃度ビタミンC点滴療法をはじめます

以前より、準備しているとお知らせしていた、高濃度ビタミンC点滴療法をはじめることにしました。ビタミンCは昔から風邪をひかないとか皮膚によいとかいわれてきました。しかし、今回はじめようと考えている点滴療法は大量のビタミンCを使って、特に治らないといわれたがん、抗がん剤が効きにくいがんなどの悪性疾患の補助治療としての治療です。アメリカでは広く行われ、その医学的効果もたくさんの文献で報告されています。日本ではまだ保険診療として認められていないため、自由診療でしかできません。

ある特別の酵素欠損があるかたや、ある特殊ながんの状態のかたにはできないことがありますが、通常はほとんど大きな副作用なく行うことができます。この治療は、がんが治るということがいえるような夢の治療ではありませんが、数パーセントのかたでがんがなくなったという事実はあり、なにより、がんがあっても元気に長く暮らせる、生活の質があがるのが最大のメリットです。私もこれからはじめるので、まだまだ勉強していかないといけませんが、お悩みの方々、どうぞ次の方法があることを知って、お気軽にご相談ください。

2013年03月01日   カテゴリー: 新着情報