点滴療法はじめました

こんにちは

なんでもありの治療をめざしているお元気でクリニックです。

現代医学では治すことに限界がある病気がたくさんあります。

最近、これにアメリカでは普通にやられている点滴療法があります。

特にパーキンソン病は薬剤がどんどん増えていき、最後はこの薬剤の副作用との戦いのようです。

一方で手術療法も行われていますが、効果のある人は限定されています。

そこで、当院では、グルタチオン療法という点滴治療をはじめました。

パーキンソン病あるいはそれと似た疾患で、通常の治療ではなかなかよくならないひとに

おすすめしています。効果のある人は、点滴後数十分ですたすた歩くようになることもありますし、効果がある人は1か月以内にはなんらかの効果があると報告されています。ただし、この治療は通常の保険をつかった医療ではないので

自由診療になります。

2012年11月19日   カテゴリー: 新着情報