またまた「わかさ」に載りました

トリガーポイント治療がこの度大特集になっています。「わかさ」最新号をごらんください。

雑誌に乗る旅に、どこへ行っても治らないという痛みで苦しんでおられる患者さんが新潟県のあちこちからこられる現状に、もっとこの治療が普及したらいいのにと、、、とくに整形外科の先生方に言いたいです。なぜ、効果がはっきりみとめられていない、牽引、ホットパック、マッサージなどのリハビリと称する治療?が延々とされているのか、なぜ、すぐに手術しかないといってみたり、手術してもよくならないといっても、あとはしかたないとか、今度は別のところを手術しましょうとか、そんなことしかしない医療に疑問を感じています。

2011年03月03日   カテゴリー: 新着情報院長先生のブログ