重金属の害を見落としていませんか?

3月より、栄養療法を強化すべく、外国発の検査機「オリゴスキャン」を導入することになりました。

こちらは主に体内に蓄積している重金属を短時間に測定できるものです。

重金属と言われて、「栄養となにが関係あるの?」と思われた方は多いかと思います。

外国ではすでに問題視され、多数の報告があります。

私たちは普段通り生活している中で、体の保持に必要なミネラル等の吸収や利用を阻害する原因である重金属を吸収してしまっています。

身近な重金属経路は、例えば水道水、排気ガスや食べ物です。有名なのは、妊婦さんはマグロを食べないように国が指導しています。これは、重金属の水銀をとってしまうからです。

老若男女を問わず、頭痛やめまい、疲れがとれない、意欲が出ない、朝起きれない、風邪をひきやすいなどの症状がなかなか良くならない方が多くいらっしゃいます。

このような方の体内に重金属を蓄積している可能性があります。

この検査は、手のひら4点を光で読み取って10分程度で結果が出ます。

オリゴスキャンは、体内に蓄積された重金属のミネラルバランスを世界的基準と比較することで、必要な食事療法やサプリメントがわかります。

症状がなくても、自分の将来の健康が心配な方にもお勧めできます。

こちらの検査は、自由診療になります。料金はお問い合わせください。

2020年03月02日   カテゴリー: 新着情報院長先生のブログ