重金属の影響について

現代の食生活は便利になってきていますが、一方で、食べ物を生産する農家の方はほとんど農薬や肥料を使います。輸入品は輸送中にかびたりしないように殺虫剤が巻かれたりしています。料理にもアルミ鍋を使ったり、水道水をそのまま使ったりしている。また、有名なのは大型魚のマグロに水銀が多いので妊婦さんは食べないように国が指導している。食料自給率が世界最下位に近いのに、いつでもどこでも食べることができる。このような生活をしていると、水銀、鉛、アルミニウム、カドミウムなどの有害重金属を知らずにとり、解毒に必要なセレンや亜鉛、マグネシウムなどが足りなくなって、体調を崩す。

このような人が多くなっています。

当院では、従来から栄養療法に重金属のチェックや食事指導、不足したサプリメント治療を計画しています。興味がある方はお気軽にご相談下さい。

2020年02月06日   カテゴリー: 新着情報院長先生のブログ