今年のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは異常事態かもしれません。ワクチンがすでにない病院もあります。当院でもそろそろなくなりそうです。また、すでに新潟県では流行期に入っている情報が来ています。これまで、当院では積極的に治療はしていませんでしたが、今年は、流行が早いこととワクチン接種が間に合わないかたが多いのではないかと心配しており、家族は身近にインフルエンザになった人がいて映ったのではないか、インフルエンザかもしれないけれど熱がでてあちこち痛くて治療してほしい。こんなかたに対処したいと思っています。ただ、当院はタミフルというインフルエンザの薬の副作用も気にしており、感染症の専門医から、インフルエンザの治療について、メリットデメリットを考えたら、漢方薬のほうが有用であるという意見もとりいれて、希望の方には漢方治療も考えています。どうぞ、ご心配な方は早い対処が望まれますので、お気軽にご連絡ください。

2017年12月14日   カテゴリー: 新着情報院長先生のブログ