疲れがとれない、なんだかいつも調子が悪い、妙に甘いものが欲しくなる人へ

最近、疲れが取れない、朝起きれない、仕事が辛い、生理の時に特に辛い。うつ病と言われたが良くならない。このような悩みで受診される女性が多いです。多くは偏頭痛があったり、夜眠れなかったり、立ちくらみがしたり、一体何処が悪いのだ。医者も自律神経失調症かストレスではないですか?
本当は、ほとんどは副腎疲労症候群なのです。元気を出す。ホルモンを作る。体の自然治癒力を維持している副腎が疲れて必要なホルモンが作れない状態です。疲れると妙に甘いものが欲しくなりませんか?お腹に良いと思って毎日ヨーグルトを取っていませんか?便秘で困っていませんか?
治療は食事療法を腸を守る栄養療法です。毎日、辛くはありませんか?
当院では、この状態にこれから本格的に取り組もうと思っています。
初期の人は食事療法だけで良くなることも多いです。特に、偏頭痛は良くなることが多いです。

2015年01月25日   カテゴリー: 新着情報院長先生のブログ