点滴、注射療法の効果が出ています

当院では、がんの方に濃度ビタミンC点滴療法、パーキンソンの方にグルタチオン療法をメインに行っていますが、それぞれに効果がみられ、継続しておられる方はいずれもお元気です。さらに、最近はマグネシウム点滴療法を筋肉の疲労、張り、痛みが取れない方に、ビタミンB12注射療法を、なかなかよくならない、しびれ、それも頑固で痛みに近いようないやな感覚の方に始めており、まだ数名ですがご本人も驚くような劇的効果が見られています。どのくらいの有効率かはこれからの課題ですが、特に目立つ副作用もないので、なかなか通常の治療でよくならないかたにお薦めします。

2013年12月17日   カテゴリー: 新着情報点滴療法について