診療のご案内

このような症状でお困りの方

脳神経外科

  • 頭痛、めまい、しびれ、手足の不自由、言動がおかしい、物忘れが心配
  • 脳卒中の後遺症を少しでも良くしたい、脳卒中の予防をしたい
  • 認知症でないか知りたい、認知症の家族の相談をしたい

漢方内科

  • 薬が合わない、効かない、なかなか良くならないので漢方で治療したい

心療内科

  • 意欲が出ない、疲れやすい、イライラする、検査で異常がなく自律神経と言われて困っている
  • 頭、肩、腰、膝あるいは原因のよく分からない痛みで困っている

老年内科

  • 具合が悪いのは高齢だからしかたないと思うが、生きがいのある生活をしたい
  • 治療を受けたが通院が困難なので、自宅で治療介護したい

当院外来の特徴について

● 頭痛外来

頭痛は誰でも一度は経験のしたことのある症状であり、放っておいてもよい場合もありますが、重大な病気の兆候であることもあります。

危険な頭痛で有名なのはくも膜下出血です。

一方、脳には異常がない苦痛に感じる頭痛には、肩こりなどの心身の緊張からくる緊張型頭痛、血管が縮み炎症を起こすことで動けなくなる片頭痛、風邪や疲れなどが原因の神経痛としての頭痛が代表的です。

みなさんは血圧が上がったから頭痛がすると思われる方が多いかと思いますが、実はほとんど関係なく、頭痛がするほどのストレスがあるので血圧が上がっているのが事実なのです。

逆に、風邪の頭痛と思っていたら、実は脳出血であったということもあります。
最近では、痛み止めの飲み過ぎによる頭痛が増えています。

当院では脳外科専門医としての経験を生かし、これらの頭痛の意味、原因を患者さんと共に考え、治療することを目指しています

● めまい外来

めまいといえば、脳梗塞?メニメール病?血圧のせい?ひょっとすると死ぬかもしれない病気?など、経験した人でないと不安でならない症状です。

昔からめまいといえばメニエール病だといわれ、多くのめまい止めを処方されている方が多いかと思います。
しかし、メニエール病など耳からの異常や脳の病気は意外に少なく、実は首肩の凝りや心身の問題、あるいは生活習慣から来るものが多いのです。
一方で、治りにくいめまいの中に体質からくるものや心臓や貧血などの体の異常が隠されていることも多いのです。

当院では、その人が何故めまいが起こるに至ったかを考え、単にめまい止めの薬を出すだけではない、総合的な取り組みによる根本的な治療をしています

● 禁煙外来

タバコが体に悪いのは、すでに世界の常識です。
がんや心臓病、血管閉塞、動脈瘤、脳卒中のなど大きな病気になるリスクは吸わない人の何倍もあります。
そして、なぜタバコを吸うのかという問いに、多くの人は煙草を吸うとストレス解消になる、頭がスッキリする、痩せるなどと答えられます。

しかし、よく考えてみてくださいね。
もともとたばこは吸ってマズイものです。 それをどうして無性に欲しくなるのでしょう?
タバコで唯一解消できるストレスはなにかご存知でしょうか?
それは、タバコを吸えないストレスです。
当院では、こんなばかばかしいやめられない習慣を、本来のタバコのまずさに気づき、そしてストレスをタバコでなくても解消できるように、たばこがまずくなる薬を投与しながら、吸いたい気持ちをどう対処するかを一緒に考えるお手伝いさせていただいています

やめたい、でもなかなかできない、何度も失敗した、そんなあなたにぜひ禁煙に挑戦していただきたいのです。
禁煙できたご自分を想像してみてください。
病気にならず、イライラせず、ご飯はおいしく、肌の色艶も良くなったとしたらどうですか?

● 認知症外来

この高齢化社会において、どんどん問題になっているのは、寝たきり、そして認知症の方が増えていることです。

みなさん、おっしゃいます。
「最後は誰にも迷惑をかけずに死にたい」と。
しかし、これだけ医療が進歩し、救急医療の必要性が叫ばれている現在の医療情勢では、病院に入院した。
でも、寝たきり、ぼけて帰って来た。こんな話が後を絶ちません。

一方で、物忘れしても、歳のせいだと思って放置していたら、生活もままならず、家族、近所の迷惑をかけるようになり、どうしていいかわからず、市役所に駆け込んだ。
また、認知症になってしまうのではないかと心配でならないというかたも増えています。

認知症には、治るものも治らないものもあります。

当院ではその辺をしっかり検査し、治せるものを早期発見し対処し、治せない認知症もできるだけその患者さんがその人らしく、自宅で最後まで家族と過ごせるように、予防薬や認知症に効果の認められたいわゆる健康食品も利用し、困っておられるご本人、ご家族にどんな考え方、対処法が望ましいかをご一緒に考えていきます

しかし、サポートは一開業医だけでできるものではありません。

当院では行政の関係機関や訪問看護ステーションなどとも連携し、地域でその方を支えていけるよう連携役としても積極的に関わりたいと思っています。