健診は意味があるのだろうか?

健診をやっているかたも多いかと思います。しかし、今の健診の目的はメタボ対策です。昔は結核対策dした。オプションとしてがん検診があります。

しかし、健診にくるのは健康に注意している人たち、がんが怖い人たちがほとんどです。がんは早期発見が重要といわれますが、未だに早期にみつけたらからよかったのか、、、誰もわかりませn。

見つかってから悩みが増える人もいますし、メタボと言われてもなにもしないひともいます。

私は、意味はないのではないかと、、それも税金を使って、その効果がどこでどうわかるのかもわからないのに、、、実は健診をつづけているのは、健診従事者の仕事確保のためもあるのです。

これはあくまで私の個人的な感想です。

 

2011年10月31日   カテゴリー: 院長先生のブログ