コロナが不安で仕方ない方へ

コロナはいまだに収束の気配はなく、皆さんの不安を煽っているようです。お客さんが来ないので商売ができなくなった。仕事が減って職員を休ませないといけない。不安で外にも出れずストレスが溜まる一方だ、など。

このコロナの不安からもともとの不安症が出てくる人もいます。先行きが見えない不安。

私も感じていますが、患者さんのためにできることはなんでもしようという姿勢に変わりはありません。当院では、薬以外にカウンセリングや心理療法もやっています。自分一人で我慢せず、人に話を聞いてもらうなど、人との繋がりを意識しましょう。どうつながったら良いかわからない方には、私たちが手を繋ぎたいと思っています。

コロナの感染に負けないように、人の繋がりを伝え合いましょう。

2020年04月16日   カテゴリー: 院長先生のブログ