人は食べ物で出来ている

当たり前のようですが、人は食べ物で出来ています。心の問題、体の問題、このようなことで病院を受診される方がほとんど思いますが、体も心も元は食べ物です。

そして、現代の日本ほど食べ物の栄養価が低下し、人々の思考が甘いもの、柔らかいもの、簡単に、すぐ食べられるもの、そのような食習慣になったために、なんとなく不調という方が増えています。

日本人は昔から地産地消という、その土地で取れたものを、腐らないうちにその場所で感謝していただく。そういう民族でした。その当たり前の日本人を見直しませんか?

2019年03月10日   カテゴリー: 院長先生のブログ